Lullar    


ビデオジャパンは、最大でランク。

クジラ Whale

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Provided: material may be challenged Wikipedia encyclopedia (Wikipedia) 』

クジラ )は哺乳類クジラ目に属する水生動物の総称である。 Whale (whale) is a general term for animals belonging to the cetacean aquatic mammals. その形態からハクジラヒゲクジラに大別され、ハクジラの中でも比較的小型(成体の体長が4m前後以下)の種類をイルカと呼ぶことが多いが、この区別は分類上においては明確なものではない。 Is divided into whale baleen and odontocete from the area, even in relatively small odontocete (adult length is about 4m below) is often referred to as the type of dolphin, in this case on which the classification is not clear.

目次 Contents

[ 編集 ] 特徴 Features

ハクジラとヒゲクジラの特徴と各部位 Each site features Toothed and baleen whales

身体的特徴 Physical characteristics

  1. 前肢は胸びれのような形に変化している。 Forelimb has been a change in the shape of a fish-like flippers. も存在しない。 Not exist nails.
  2. 後肢は退化し外見上は見当たらないが、その名残とも言える腰骨が、孤立したとして筋肉中に埋もれて存在する。 Hind leg is missing, but apparently degenerates, and the remnants of the hip and say, there are buried in the muscles as an isolated bone.
  3. 尾部は良く発達し、その先端に尾びれがあり、遊泳器の役をなしている。 Tail is well developed, with the tail to the tip, the instrument is not the role of the walks. 尾びれは魚類と違って横向き(水平)であり、クジラが体を上下にくねらせて推進力を生み出すのに適応したものである(魚類は、 エイなどの例外を除き体を左右にくねらせる。 Unlike the horizontal tail fin fish (horizontal), which are adapted to produce a driving force them to wriggle up and down the body whales (fish is to snake from side to side the body, such as exceptions rays.
  4. 頸椎は陸生のほ乳類と同じように七個あるが、平たくなり、ある種類では癒合し数が少なく見える。 Cervical spine but the seven pieces like terrestrial mammals, and flat, the kind that seems to reduce the number of fusion. この為、外見上首にあたる部分がくびれていないので魚の形に似ている。 In this connection, it resembles the shape of a fish Niataru not constricted neck portion outwardly.
  5. 鼓膜三半規管等はあるが耳殻がなく、耳の穴もふさがっている。 And semicircular canal is the tympanic membrane without auditory capsule there are also blocked ears. 聴覚骨伝導により行なっている。 Hearing will have been done by bone conduction.
  6. 体毛は口の周りに少し残っていて、犬・猫のひげに似た感覚毛であり、その他の部位には見当たらなく、またも無い。 Hair is a little they still around the mouth, dog and cat whisker-like sensory hair, and other parts of見当Taranaku, not the scales again.
  7. 鼻孔は、「テレスコーピング現象」というクジラ独自の進化の特徴を獲得したため頭頂部に移動して、呼吸をする事が安易になっている。 Nostril in the "Symptoms Teresukopingu" to go to win the crown for unique features of the evolution of whales that have become the thing to breathe easy. テレスコーピング現象は、クジラの進化の時系列を、語る上で指針となる特徴でもある。 Teresukopingu phenomenon, the time series of the evolution of whales, which also features on the guidelines said.
  8. セミクジラ類やシロイルカなどわずかなものを除き、 背びれを持つ。 Unless they are just kind, such as beluga and right whales, with a dorsal fin. ヒゲクジラでは小さいが、ハクジラ類では大きく発達している。 The baleen whales are small, the kind that developed large odontocete.

水中生活への適応 Adapt to life underwater

  1. エコーロケーションという超音波を使い情報を知覚し、周辺環境の確認や獲物の採取に役立てているといわれる。 Using ultrasound to perceive information that Ekorokeshon be said to have taken the game to help check and the surrounding environment. また群れの中の意思疎通も、エコーロケーションで行っていると考えられていて、調査研究が進んでいる。 Communication within the school and also believed that they go in echolocation, that research is progressing. 具体的な研究結果においては、エコーロケーションにより「 レントゲンのように対象物の骨格まで認識しているのではないか」という事や、 シャチなどは、群れの生活域の距離が離れていたり、家系の血筋が遠ければ「意思の疎通が難しいのではないか」という事が推論されている。 The concrete research results, by echolocation "What's not to know until the skeleton of an object such as X-rays" and that things such as killer whales, or the distance they live in the area of school, family If the blood of遠Kere "Do not be difficult to communicate" things that have been inferred.
  2. 摂食から出産・育児まで全て水中で行う完全な水生動物である。 Aquatic animals in the water is complete do everything from child-feeding. 睡眠も水中で取るが、研究結果によれば、 右脳左脳を同時に睡眠状態にせず交互に休ませているので、 睡眠しながら溺れることなく泳ぎ続けることができる。 To take in water and sleep, according to the results of research, so that in turn rested without sleep at the left brain and right brain, can continue to sleep while swimming without drowning. なお、このような右脳と左脳を交互に休ませる睡眠は、 鳥類や多くのほ乳類には一般的なものであることが知られている。 The rest alternates between sleep like this right brain and left brain, in mammals, many birds and are known to be common ones.
  3. 海に住むクジラはに囲まれているので水を飲む必要がないように思われがちだが、 海水と体液の浸透圧の差により少しずつ水分が体外へ失われて、水分を何らかの形で取り込まないと死んでしまう。 Whales live in the sea is too often seem to not have to drink water because it is surrounded by water, is lost to the body of water each little osmotic pressure difference between the fluid and salt water, the water incorporated in some way not die. クジラは、魚のように海水から塩分を直接濾過して水分を取り込む器官を持たないため、水分のほぼすべてを餌から得ることになる。 Whales are no organs for capturing the filtered water directly from seawater as salt fish, which can get nearly all the moisture from the food. すなわち、餌に含まれる水分と、餌の脂肪糖類タンパク質などが体内の代謝によって燃焼したときにできる水である。 In other words, the water in the feed, fat in food, sugar, is water that when you burn through metabolism and protein in the body. これは、乾燥地帯に住むカンガルーネズミが一生涯水を飲まず、水分を餌だけに頼っているのと似ている。 This is life without taking涯水the rat kangaroos live in the arid region, which is similar to that of water depends on diet alone. なお、クジラは一般の哺乳類と比べて濃い尿を濾過できるように腎臓を進化させ、水分の消失を極力抑えながら余分な塩分などを効率良く排泄している。 The whale has evolved in the kidneys can filter dark urine than mammals in general, that excess salt excretion and efficiently as possible while minimizing the loss of moisture.
  4. 皮膚が乾燥に耐えられない事や、自重により内臓が圧迫され臓器不全を起こす事などから、陸に上がる事は短時間であるか、若しくはまったく出来ない。 Things and can not stand the dry skin, from such things cause the failure of the visceral organs under pressure due to weight, or things that get ashore quickly, or not at all.

哺乳類としての特徴 Features of the mammalian

  1. 陸生哺乳類と同じく鼻孔(噴気孔)を有し、 空気呼吸をする。 Like land mammals nostrils (blowhole) has a, to the breathing air in the lungs.
  2. 体温は魚類のように外海の温度に左右されることなく一定で温血である。 Temperature is warm-blooded constant temperature without being influenced by the open sea to fish. (種類により違うが概ね35度~36度) (Largely due to the different types of 35 degrees to 36 degrees)
  3. 普通一子が母体子宮内で成長し、出生後は一定期間母乳で保育される。 Maternal intrauterine growth in children is usually one after birth will be nursery-feeding period.

ヒゲクジラ亜目及びハクジラ亜目で生態も異なる為、それぞれの項も参照。 Because of different ecological sub-Toothed and Baleen whale, see the respective sections. また、クジラの骨格の特徴について詳しくは鯨骨を参照。 In addition, information about the features of the skeleton of a whale is a reference to鯨骨.

[ 編集 ] 進化 Evolution

パキケトゥスの想像図 Figure imagination Pakicetus

クジラの祖先は、新生代の始新世初期、南アジアで陸上生活をしていた肉食性哺乳類パキケトゥスの仲間とされている。 Ancestor of whales, the early Eocene of the Cenozoic, the mammal is Pakicetus fellow had a carnivorous terrestrial life in South Asia. かつては、暁新世の原始的な有蹄類であるメソニクスとの関係が考えられたが、近年は現在のカバと共通の祖先を有する偶蹄類に起源を求める見解が有力である。 In the past, was considered the relationship with Mesonikusu of primitive ungulates of the new Dawn, recent opinion is likely to seek the origin of the ungulate covering with a common ancestor with the current. 当時インド亜大陸がアジア大陸に衝突しつつあって両者の間には、後にヒマラヤ山脈として隆起する浅い海が広がっており、クジラ類の陸から海中への進出は、その環境に適応したものとされる。 While there between the two continents Asia and Indian sub-continent collision at the time, to uplift and spread as the Himalayas after a shallow sea, entering the sea from the land of cetaceans, and are adapted to their environment be. 詳しくは原クジラ亜目を参照。 For more information, see the suborder raw whale.

[ 編集 ] 分布 Distribution

クジラには一定の生息場所は無いが、元来は比較的暖海のものと考えられる。 The whale is not certain habitat, originally believed to the relatively warm sea. それが水温の高低に対して適応範囲が広くなり、かつ食物等の関係で寒冷な極海まで近寄るようになったものと思われる。 And a wide range of high and low temperature adaptation for it, now seems to be closer to the sea in relation to extreme cold and food etc.. 例えばシロナガスクジラナガスクジライワシクジラ等は世界中の海洋に分布しているが、食物を求める回遊の為南北両極付近に集まるのは有名である。 Fin whale, for example whale, fin whale, and whales, but sardines are distributed throughout the world's oceans, the polar gather around asking for food is a popular excursion. 然し南北両半球の鯨が赤道を越えて回遊する事はほとんどない[1] Things that the whale migration across the equator in both hemispheres little然Shi [1].

[ 編集 ] 分類 Classification

1. ホッキョククジラ、 2. シャチ、 3. セミクジラ、 4. マッコウクジラ、 5. イッカク、 6. シロナガスクジラ、 7. ナガスクジラ、 8. シロイルカ 1. Bowhead, 2. Orcas, 3. Right whales, 4. Sperm whale, 5. Narwhal, 6. Blue whale, 7. Fin whales, 8. Beluga

クジラ類は生物分類上はクジラ目に属し、 ヒゲクジラ亜目ハクジラ亜目に分けられる。 The whale on classification living things belong to the second whale, first divided into sub-Toothed of the Baleen whale. ヒゲクジラ類は濾過摂食に適応し、小魚やプランクトンの様な小型の生物を主に食べるが、ハクジラ類は主に魚類やイカ類を食べる。 Baleen whales are adapted to feeding and filtration, and eat mostly small organisms like plankton and small fish, kind odontocete eat mainly fish and squid. 近年のDNA解析で、クジラはブタウシよりもカバにもっとも近縁であるという説が提示されている。 Recent DNA analysis, whales that have been presented with a theory that is most closely related to hippopotamuses than pigs or cattle. その説と分岐分類学に従い、 ローラシア獣上目の下にクジラ目と偶蹄目を合わせた鯨偶蹄目 (クジラ・ウシ目)を新設し、それに含むべきという意見もある( クジラ目の項も参照 )。 According to taxonomic theory and branching that Cetartiodactyla ungulates and whales combined into one's eyes on the beast Rorashia (of cow whales) and new, and some say should include in it (see also section of whales ).

[ 編集 ] ヒゲクジラ類 baleen whales

胎生期にはの組織があるが、出生後歯は無く、口蓋に「くじらひげ」が生えて餌を捕らえる役をする。 In fetal life, but in the organization of teeth, teeth There was no after birth, the palate "Whale beard" act as a trap for food grows. 外鼻孔は2個である。 External nostril is 2 pieces. 現生の種類は3科、6属、10種でほとんど大型のクジラである。 Graduate students present three types of six species, 10 species of most large whales.

[ 編集 ] ハクジラ類 kind odontocete

一生の間、必ず歯を持っており、「くじらひげ」は無い。 Lifetime, and always have teeth, "Whale beard" is not. 外鼻孔は1個であるが、少し中に入ったところで2道に分かれている。 Each one is outside the nostril, at the outset is divided into two in some way. 現生の種類は10科、30余属、70余種にのぼる。 10 types of current family life, more than 30 species, amounting to 70 kinds. マッコウクジラ科アカボウクジラ科ゴンドウクジラ属などに属する約20種の他はみな小型で、いわゆるイルカ類といわれている。 Physeteridae, Department Akaboukujira, belonging to about 20 pilot whales and other species all species are small, it is said that the so-called delphinoid.

[ 編集 ] 鯨と言葉 Words and Whales

クジラ目#呼称 」も参照 "Of whale # designation" See also

由来や鯨や捕鯨に直接関係しない鯨に纏わる言葉(捕鯨に直接係わる言葉は捕鯨を参照ここでは、文化の広がりを示す、比喩や例えや派生を表記する。)また「 鯨鯢 (けいげい)」という言葉も歴史的にクジラを指す一般的な名称であった。 Concerning the term is not directly related to whales and whaling and whale-derived (directly related to the word whaling whaling here in the reference, indicating the spread of culture, the representation and derivation metaphor and analogy.) And "鯢whales (they orthopedic ) "was a common name refers to the word whale in history.

[ 編集 ] 鯨(クジラ)の由来 Whales (whale), the origin of

  • 漢字 - 鯨は古来哺乳類ではなく「魚」と思われていたが、大きさが普通ではなかったことから、 (兆の万倍の単位、10の16乗)のような計り知れない魚ということで「魚」と「京」をあわせて「鯨」となったという説がある。 Kanji - whales are mammals, not ancient "fish" had been considered, in the absence of normal in size, Kyo (million times per trillion, 10 ^ 16) of fish, such as immense that "fish" and "Kyoto" according to "whale" a theory that there was.
  • クジラ - 「日本釈名 中魚」 1700年 (元禄13年) 貝原益軒著や「東雅 十九鱗介」 1719年 (享保4年) 新井白石著によれば「ク」は古語でを表し「シラ」はを表し「黒白」で「クシラ」であった。 Whale - "Fish interpretation of names in Japan" 1700 (1700) and by Kaibara Kaibara "Azuma Masashi鱗介90" 1719 (Tamotsu Susumu 1992) According to Arai Shiraishi by "clock" is a black archaic represents "Scylla" will represent the white "black and white" with "Kushira" respectively. その後「シ」は「チ」に転じて「クチラ」になり「チ」が「ヂ」に変り「クヂラ」になったと解説している。 Then "system" is "chi" and turned to "Kuchira" and the "chi" is "Dji" ballistic missile "Kudjira" and notes that now.

[ 編集 ] 単語 Words

鯨体あるいは鯨肉の本皮(黒い表皮と白い脂肪層)に見立てた黒白のデザインに由来するものが多い。 Leather body of the whale meat whales (the layer of fat black and white skin) derived from the design of many black and white to見立Teta. また、鯨の大きさを受けた言葉も多い。 The words were often the size of the whale.

山鯨(やまくじら)山鯨(or until Whale)

主にの肉の意味であるが、その他の獣肉(特に野獣)をさす場合もある。 Is the main means of wild boar meat, other meat (especially wild animals) sometimes refers to.

皮鯨(かわくじら) Whale skin (leather Whale)

鯨の背と腹の色の違いを模して器の口が黒くなっている茶碗や湯呑などのこと。 Bowl or cup that is as dark mouth of the instrument to imitate the color difference between back and belly of the whale. あるいは鯨肉の本皮の断面を模したともいう。 Also known as the schematic cross-section of whale meat or leather.

鯨帯(くじらおび) Whale belt (obi Whale)

昼夜帯という和服の帯で表と裏があり、鯨の背と腹の色の違いを模して鯨帯と呼ばれる。 Band in front and back of the kimono that昼夜帯called to imitate the whale range of color difference and the back of a whale's belly.

鯨尺(くじらじゃく)鯨尺(frailty Whale)

鯨差しともいい和裁用の物差し。 Both鯨差Shi good yardstick for the kimono maker. 元は鯨の髭から作られていた。 The original was made from whale beard.

鯨豆腐(くじらとうふ) Whale tofu (bean curd and the Whale)

豆腐の片面を昆布などで色付けして白黒にした物。 Things that the black and white and colored with a side of tofu and seaweed.

鯨羊羹(くじらようかん) Whale Yokan (sweet bean jelly whale)
新富町のくじらようかん Dry as the Shintomicho Whale

鯨羊羹とは鯨肉の外観を模した和菓子 Yokan and sweets whales that imitate the appearance of the meat whales. 地域差がある。 There are regional differences.

鯨餅(くじらもち) Whale cake (glutinous Whale)

鯨餅とは鯨肉の外観を模した餅菓子 Cakes and餅菓子whales that imitate the appearance of the meat whales. 地域差がある。 There are regional differences.

鯨幕(くじらまく)鯨幕(sow Whale)

黒と白の布を交互に縫い合わせた(主に仏式葬儀の際に用いられる)垂れ幕、鯨帯同様に鯨の体になぞらえて鯨幕と呼ばれる。 Stitched into the fabric of alternating black and white (used during the funeral of mainly Buddhist rite) banner, called鯨幕compared them to the body of whales as whale belt.

鯨百合(くじらゆり) Whale lily (lily Whale)

ユリ根の料理法の一つ。 One of the lily bulb recipe. 板に薄く伸ばすと形が皮鯨に似るから「鯨百合」の名が付いた。 Resemble a whale from the skin smooth and thin plate-shaped "lily whales" with the name.

鯨飲 (げいいん)鯨飲(drinking like a fish)

がぶがぶとを飲む様。 Like drinking alcohol and guzzling.

鯨音(げいおん) Whale sounds (K-Ge)
鯨鐘(梵鐘) Whale bell (bell)

釣鐘の音や音が響き渡る様。 Solo across the sound of the bell and the bell sounds and sound. 鯨吼(げいほう)も同じ意味である。 Whale吼(more whale) is the same meaning.

鯨鯢 (けいげい・げいげい・げいじ)鯢whale (whale whale whale of art silicon)

鯨が雄鯨で鯢が雌鯨をさし、あわせて鯨を意味する。鯢sticking in the female whale whale whale male, mean that more whales. 大きな口で小さなや魚を飲み込む様から多数の弱者に被害を与える極悪人またはその首謀者をさし、大きな刑罰や罪人を意味する。 Pointing to the mastermind behind it or cause damage to the vulnerable groups of miscreants who like many from small shrimp and fish swallowing a big mouth, big penalties and criminal means.

鯨鐘(げいしょう) Bell whale (pseudonym Ge)

梵鐘のことで、別称として他に華鯨、巨鯨などがある。 The bell that, as a nickname other whales in China, and the巨鯨. 吊り金具の部分( 龍頭 )が龍を模しているのは、鯨を抑える事が出来るのは以外に無いという説がある。 Portion of the hanging bracket (Head Dragon) in imitation of the dragon that is the thing that can keep the whale theory that there is no other than the dragon.

鯨呑(げいどん)呑whale (Idon Ge)

大きな口で小さな蝦や魚を飲み込む様から強者や覇者が弱者などを取り込む事や強い国や地域が弱い国や地域を吸収合併または、 併合する事をさす。 Country or region or merged with stronger and weaker countries and regions and incorporate things from our strong and weak holders to swallow a small fish and shrimp and a big mouth, refers to reverse things.

鯨波(とき、げいは)鯨波(when, Alternatively Ge)
歌川国芳 : 宮本武蔵と大鯨と鯨涛 Kuniyoshi Utagawa: Tao whales and large whales and Musashi

大波や 鬨の声「えいえい おうおう」をあらわす。 Swells and cry "Ouou evermore" represents the. 「とき」という大和言葉に「鯨波・鬨・時」という字が充てられたようで時間や間合いや機会といった意味で使い分けられていたとする説がある(一部の辞書で同じ括りになっている)鯨浪(くじらなみ)鯨涛 (げいとう)も大波を意味する。 "When" the 大和言葉 that "When鬨鯨波" There is a theory that had been timed and opportunities for whichever you mean like that time was spent and that character (which is the same quotation in some dictionaries ) Wave whale (Scenery Whale) Tao whale (trick) also means a tidal wave.

鯨鵬 (げいほう) Peng whale (whale more)

大きいこと。 Be greater. または、大きいもののたとえ。 Or example, but great.

すんくじら Whale Sun

鹿児島弁で端や隅の意味。 Meaning of the corner edge of the valve and Kagoshima.

[ 編集 ] 慣用句 Idioms

鯨波の声鯨波No声

上記の鯨波と書いても同じ意味である。鯨波same meaning and written above. ただし上記の鬨が戦いを示すので戦場での大人数の声を表し主に「勝鬨の声」と解釈されることもあるが、鯨吼という言葉との関連や日本の合戦における史実から合戦の合図や大将戦をはじめとする代表戦の名乗りなどという諸説がある。 Large represent the voice of the people mainly in the field of battle so that the above but鬨"勝鬨voice" is sometimes interpreted as the battle in the war from the historical relationship between words and Japan whale and theories that have volunteered for his boss and his representatives and other cues.

鯨に鯱(くじらにしゃち) Killer Whale The whale (the whale orc)

付きまとう事または、付きまとって相手に被害を与える事。 Or a lingering thing, things damage the dogged opponent. 現在なら「 ストーカー 」とほとんど同意である。 If current "stalker" is almost agreed.

鯨の喧嘩に海老の背が裂ける Split the back of the shrimp in the fight for whales

強者の争いに弱者が巻き込まれ被害を受ける事。 Involved in things that are vulnerable to damage of the strong competition.

鰯網で鯨捕る(いわしあみでくじらとる) Whale with a net catching sardines (sardines Ami take the Whale)

予想せず大きな獲物や収穫を得ること、思いがけず幸運に恵まれたりすることをさす。 To get a harvest big game and not surprisingly, refers to an unexpected and fortunate. 同義語で「棚から牡丹餅 」などがある。 Synonym "牡丹餅 from the shelves," among others.

長鯨の百川を吸うが如し Whales breathe the river length 100 Ga如Shi

大酒のみのことで元は漢詩である。 Only source of drinking that is the poetry.

鯨鯢(けいげい)の顎(あぎと)にかく鯢whale (whale silicon) jaw (Agito) binuclear

鯨のあごに引っ掛かり飲み込まれそうになったという言葉から、九死に一生を得る様な体験をさす。 The word that was almost swallowed by a whale caught in jaws, refers to experiences like getting a close shave.

虎伏野辺鯨の寄浦(とらふす、のべ。くじらのよる、うら。) URA nearest graveyard of whales Xi Hu (bran taken, tightened. According Whale, alley.)

や鯨が出没する様な原野や海がある様な所という言葉から、未開の地をさす。 From a place like that word and sea-infested wilderness like tigers and whales, refers to the bush.

[ 編集 ] 「クジラ」という言葉の表記の別や時代による移り変わり "whale" and another time by changing the word notation

奈良時代(710 - 794年) Nara Period (710 - 794)

  • 万葉集 --- 今の鯨(クジラ)を指すとされる言葉は「イサナ(鯨魚、鯨名、勇魚、不知魚、伊佐魚)」又は「イサ」であり、捕鯨は「イサナトリ」「イサナトル」である。 Manyoshu now --- whales (whales) and words that refer to the "Icana (fish, whales, whale names,勇魚, wisdom teeth fish, fish Isa)" or "Isa" and whaling is "Isanatori" "Isanatoru" in there is.
  • 古事記 --- 「区施羅」クヂラ。 Kojiki --- "District施羅" Kudjira.
  • 日本書紀 --- 「久治良」クヂラ。 Chronicles of --- "Haru Yoshihisa" Kudjira. 記紀共に今の鯨(クジラ)を指すかどうかは諸説ある。 Both now記紀whale (whale) refers to whether or not there theories.

平安時代(794年-1185年) Heian Period (794 -1185 years)

  • 新撰字鏡 --- オスは「鼇(本来は大亀の意味)」クチラ(久治良)。 Shinsen Jikyō male --- "鼇(originally meaning大亀)" Kuchira (Osamu Yoshihisa). メスは「鯢」メクチラ(女久治良)。 Female "鯢" Mekuchira (Osamu Yoshihisa female).
  • 類聚名義抄 --- オスは「巨京(渠京を略した文字としている)」クヂラ、ヲクヂラ。 Excerpts Myōgishō male --- "巨京(the abbreviation of the character and ditch Kyoto)" Kudjira, Wokudjira. メスは「鯢」クヂラ、メクヂラ。 Female "鯢" Kudjira, Mekudjira.
This section in the middle of writing この節は執筆中です。 This section is being written. 加筆、訂正して下さる協力者を求めています Categories, and by seeking to correct下Saru cooperation.

[ 編集 ] その他 Other

常用漢字表において魚偏(さかなへん)のある文字は「鯨」と「鮮」であるが、(正確には魚ではないにしても)魚の種を表す文字は「鯨」だけである。 In table魚偏kanji (School Wars) character in the "whale" and "obscure" that is, (actually, even if not a fish) "fish" is a string that represents the kind of "whale" is only .

[ 編集 ] えびす savage

恵比寿 Ebisu

日本においてクジラは、漁業神や漂着神・「寄り神信仰」として神格化されてきた。 Whales in Japan, God and God shipwrecked fishermen "pro-God faith" as has been deified. また、世界各地でも歴史的に神聖視されたことが、少数例ながらある。 Addition, it was sacred in the world historically, and while a few cases.

[ 編集 ] 漁業神(えびす) God fisheries (Ebisu)

鯨は、捕獲の対象であると同時に、信仰の対象ともなってきた。 Whales are caught as well as a target, has also become a subject of faith. 日本では、鯛と釣竿を持つ姿で知られ漁業でもある「 恵比寿 」との同一視がなされた。 In Japan, is also a god of fishing is known in his fishing rod with sea bream and "Ebisu" was made with the same vision. 由来については諸説あるが、現在でも漁師が、鯨にカツオがつく様子を鯨付きと呼ぶように、魚群の水先案内として鯨類を目印としていて、その魚群を見つけ出す力を神聖視していたためといわれる。 There are several theories about its origin, the fishermen still, to be called to the scene with the whale to get a bonito whales, as they mark a group of pilot whales as fish, Toi for his ability to find the sacred fish that Wareru. 東北近畿九州の各地方をはじめ日本各地で、鯨類[2]を「 エビス 」と呼んでいて、恵比寿の化身や仮の姿と捉えて「 神格化 」していた。 Tohoku, Kinki, in each region around Japan, including Kyushu, whales [2] the "Ebisu" I call it, is regarded as the incarnation of Ebisu and provisional figure "of deity" had been. これらはニタリクジラカツオが付いたり、 イルカキハダマグロがつくように、鯨類に同じ餌(鰯などの群集性小魚類)を食べる魚が付く生態から生まれた伝承であると考えられ、 水産庁加藤秀弘はニタリクジラとカツオの共生関係および、えびす信仰との共通点を指摘している。 They can with the bonito in Bryde's whales, and to get a yellowfin tuna on dolphins, whales, the same food (fish such as sardines, small crowds) is considered to be derived from ecological tradition to eat fish stick, the Fisheries Agency Hidehiro Kato relationships and coexistence of bonito and Bryde's whales have in common with the faith barbarian pointed out.

アイヌ民族は寄り鯨をもたらすとしてハクジラ(歯鯨)類のシャチを沖の神としており、同様の例として捕鯨地であった石川県の宇出津(うしつ)でも、捕鯨対象の鯨を追い込んでくれるシャチを「神主」と呼んでいた。 Ainu people are pro-Toothed whales as the cause (whales tooth), and as the God kind of off the orcas, Ishikawa Prefecture Ushitsu whaling as an example was the same place (Ushitsu), but the orca whale who pushes for whaling the "priests" were called.

[ 編集 ] 漂着神(えびす) God shipwrecked (Ebisu)

島嶼部性(とうしょうぶせい)の高い日本において「寄り鯨」・「流れ鯨」 [3]と呼ばれた漂着鯨[4]もエビスと呼んで、後述のような資源利用が盛んであり、「寄り神信仰」の起源ともいわれている。 Department of islands (due militarism Tou) high in Japan, "pro-whale", "whale flow" [3] whale washed ashore, called [4] also called Ebisu, and later flourished as the use of resources, "pro-God faith" is said to be the origin. 特に三浦半島能登半島佐渡島などに顕著に残り、伝承されるている。 Rest significantly on islands such as Sado and the Noto Peninsula and Miura Peninsula in particular, are to be handed down. 寄り鯨の到来は、七浦が潤うともいわれ、恵比寿が身を挺して住民に恵みをもたらしてくれたものという理解もされていた。 Advent of the pro-whale, the revitalization of the URA is said to be seven, was also understood that the grace that brought me to Shibuya, the residents themselves and Ting. もっとも土地によって逆の解釈もあり、恵比寿である寄り鯨を食べると不漁になるという伝承も存在した。 The land also has the opposite interpretation, however, that there are traditions that will be pro-poor catch and eat whales Ebisu.

[ 編集 ] 水神 Suizin

本来は海浜地域において海上の安全や大漁祈願などの「漁業の神」として祀っているが、内陸部においても河川水源の近くにある岩や石を鯨と見立てて、鯨石や鯨岩と呼び、 治水や水源の「水の神」として祭っている地域も幾つか存在する。 Originally, such as maritime safety and pray for a good catch in the coastal region, "the god of fishing," but enshrined as whales and resemble a stone or rock on or near the water in inland rivers, rocks and stones and whale whale call, the water supply and flood control, "God of Water" there are some areas where worship as well.

[ 編集 ] 神聖視(日本以外) sacred (except Japan)

ノルウェーなど北欧でも鯨が魚を追い込んで豊漁をもたらすとの伝承があり、これもイワシクジラにサイ[5]という魚が付き、それを集めるとされている。 In the tradition of pushing to bring a good catch of fish and whales in Northern Norway, whale Cy sardines and this [5] with the fish that has been collecting it.

ベトナムではクジラのことを cá ông (カー・オン)と呼んで古くから信仰対象としてきた。 In Vietnam is that the whales cá ông (on car) has called for the old faith. cá は「魚」の意。 cá the "fish" in the meaning. 修飾語の ông は漢字「翁」に由来し「おじいさん」の意味だが、年長男性一般への敬称としても汎用される言葉。 The qualifier is ông Kanji "Weng" comes from the "grandfather", but the meaning of words that are generic to the public as敬称older men. 全体として「おやっさん魚」またはSir fish(魚卿)とでも言うべき意味になるが、いずれにしても敬意と親愛の情がこめられた呼び名である。 As a whole "fish says gosh" or "Sir fish" (Sir fish) would have to say anything meaningful, and rice is a nickname that was also the respect and affection anyway.

オーストラリアの北海岸やその周辺の島々に住むアボリジニバンドウイルカトーテムとして神格化し、 シャーマンと交信して豊漁をもたらすとされる。 Surrounding islands and the north coast of Australia, Aborigines live in the deification as a totem a dolphin, and that brings a bumper to communicate with Sherman.

[ 編集 ] 鯨の利用 Use of whales

[ 編集 ] 鯨骨 鯨骨

クジラの骨格標本 Whale skeletal

鯨骨(クジラの骨)は先史時代から世界各地で狩猟具として加工利用されてきた事が、 貝塚の発掘から判明しており、日本においては縄文時代弥生時代の遺跡から狩猟具だけでなく、工業製品を加工する作業台や、宗教儀式で使われたと推察される装飾刀剣が発見され、色々な形でクジラの骨の利用がなされてきた。鯨骨(whale bone) is the thing that has been processed using a hunting equipment from around the world during prehistoric shell mounds are known from the excavations, in Japan as well as hunting equipment from the ruins of the Jomon and Yayoi, bench and industrial products processing, decorative swords were found to be inferred and used in religious ceremonies, a variety of terms have been made in the form of a whale bone.

江戸時代には鯨細工として根付を始め様々な工芸品を生み出し日本の伝統文化として受け継がれている。 During the Edo period is like starting a netsuke that has been played as many whales as crafted traditional Japanese cultural crafts and produce. 近代において、マッコウクジラの歯は、 象牙などと同様に彫り物などの工芸品に加工されることがある。 In recent times, the sperm whale tooth, there has to be processed into other crafts such as carved ivory. パイプ印材などに用いられた例がある。 There are cases, such as was used in pipes and印材.

古来からイヌイットは木の育たない環境で生きてきた為、 住居の骨組みにクジラの骨を使っている。 Inuit have lived from ancient times because of trees grow in an environment that uses the skeleton of a whale bone house. また近年ではカナダアメリカの先住民であるイヌイットや、 ニュージーランドの先住民であるマオリが、歴史的にクジラを利用してきた経緯から、クジラの歯や骨を加工した工芸品を作製している。 Also in recent years, Canada, and Inuit, the indigenous peoples of America, the Maori are the indigenous people of New Zealand, from the history whales have been used historically, the fabricated artifacts that processed whale teeth and bones.

イッカクの牙は、中近世では薬として用いられた(ただし、 一角獣の角とされ、鯨の歯であることが知られずに使われる事も多かった)。 Narwhal tusk, in modern times was used as a medicine in (but is with the unicorn horn, there were many things not known to be used in whale teeth). 詳細は鯨骨を参照 (For details, see the鯨骨)

[ 編集 ] 鯨肉 Whale meat

古くからクジラから採取した肉や皮を食べる習慣がある国や地域が存在する。 There are countries and regions have a habit of eating meat and skin taken from an old whale. 日本、インドネシア、フィリピン、ノルウェー、アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島、アラスカ、カナダなどであり、民族的・文化的な伝統の食材として、調理法も多岐に渡っている。 Japan, Indonesia, Philippines, Norway, Iceland, Greenland, Faroe Islands, Alaska, and Canada and, as an ingredient in ethnic and cultural traditions are also over a variety of recipes. 日本でも多様で高度に洗練された調理法が存在し、和食文化の重要な一部分を占めている。 Recipes exists a highly diverse and sophisticated in Japan, which accounts for an important part of culture和食. 食用部位も赤身の肉のみならず、脂皮や内臓、軟骨など国や地域によって多様である。 Edible parts of the brain as well as lean meat, skin and visceral fat, and cartilage is different by country or region. イギリスやフランスなどの西ヨーロッパでも食用習慣がなかったわけではないが、近海資源の枯渇などから消滅した。 Food habits were not even in Western Europe and the United Kingdom and France, but has disappeared from the waters, and depletion of resources. 詳細は鯨肉参照 (For details see whale meat)

[ 編集 ] 鯨ひげ Baleen

鯨ひげ 」はヒゲクジラ類にのみ見られる部位で、上あごの本来が生えるべき部分の皮膚が変化してできたものである。 "Whiskers whale" is only seen at the site of baleen whales, which are able to change the skin of the upper jaw portion生Erubeki original teeth. と同じく終始のびつづける特性を持ち、両側あわせて600枚近くになることもある。 Have the same characteristics and nails continue to stretch from beginning to end, together they can be close to both sides of 600 copies. 鯨の髭は捕食の際に歯の代りを行うもので、ヒゲクジラ類は大量の海水とともにを吸いこんだ後、海水だけを吐きだして餌だけを食べるのだが、このときに餌をのなかにとどめておくフィルターの役割を果たすのが髭である。 Beard of whales instead of teeth which do prey upon, the baleen whales after inhaling a large amount of water and food, but eat only the food and water only吐Kidashi amid mouth to feed in this case the beard is the role of the filter to retain. 主な餌の違いから、鯨種によって形状・性質はかなり異なる。 The main difference between food from nature is shaped by very different whale species.

クジラのヒゲ Baleen whale

鯨の髭は適度な硬さと柔軟性、軽さを備えており、 捕鯨の発達した地域では、 プラスチックがなかった時代には工芸などの分野で盛んに用いられた。 Whale beard moderate hardness and flexibility, and features a light, well-developed areas of whaling, the advent of the plastic has been used in areas such as art flourished. 特にセミクジラのものが長大で柔軟なため珍重された。 Is prized for and lengthens the flexible, especially those of right whales. 日本における鯨の髭の利用は釣竿の先端部分、 ぜんまいの肩衣を整形するための部品など多岐にわたるが、特に有名なのは呉服ざし (ここからいわゆる「 鯨尺 」という単位の名が生まれた)と文楽人形の頭を動かすための操作索である。 Use of the beard of whales in Japan is part of the tip of the rod, spring, the other of the multitude of plastic parts for the prayer shawl of the technique spread, most notably the sunshine kimono (called here "鯨尺" was born the name of the unit) and the cord to run the operations of Bunraku puppet head. 西洋ではコルセットドレスを膨らませるための骨としても用いられた。 In the West, has been used also as a bone in order to inflate the lumbar corset and dress. 詳細は鯨ひげ参照 (For details, see Ge Hi whale)

[ 編集 ] 鯨油 Whale oil

鯨油はクジラの脂皮や骨などから採取した油であって、シロナガスクジラ、ナガスクジラ、イワシクジラ等のヒゲクジラ類からとったナガス鯨油と、マッコウクジラ、ツチクジラ等のハクジラ類からとったマッコウ鯨油があるが、単に鯨油といった場合は前者を指すことが多い。 Whale oil will be collected oil from the skin and bones and fat of a whale, blue whale, fin whale, whale oil and gas taken from Na sei whales and other baleen whales, sperm whales, whale oil are taken from the kind Makkou Tutsi Toothed whales and other that, when whale oil and is often simply refer to the former.

鯨油は古くから灯用、 セッケン原料、 グリセリン原料、製革工業、減摩剤等に使用されていたが、近年では硬化鯨油として食用油( マーガリン原料など)、 化粧品原料などさらに広範囲に利用された。 The old whale oil lamp, raw material Sekken, raw glycerin, tannery industry, which had been used for lubricating materials, etc. In recent years, whale oil as a cure (such as raw materials margarine) has been used more extensively, such as cosmetic ingredients. 尚、クジラ一頭から取れる油量はシロナガスクジラで約120バレルである。 Takashi, the amount of oil from head to take one blue whale, about 120 whales a barrel. シロナガスクジラからとれる油量は他のクジラからとれる油量の最小公倍数であった為、捕鯨頭数などはシロナガスに換算して表示された(BWU方式)。 Blue whale can take from the amount of oil for the amount of oil was the least common multiple can take from other whales and whaling noses were displayed in terms of Shironagasu (BWU system). 詳細は鯨油参照 (For details see whale)

[ 編集 ] その他 Other

残滓の利用 Use remnants

鯨油の採取後の絞りかすや、食用外の肉などは、 肥料用に使用されることがあった。 Marc and after removal of whale oil and meat out of food, there was to be used for fertilizer. 日本では鯨肥と呼ばれた。 In Japan, whale called fertilizer. 肉・骨・皮などを煮て石臼などで粉砕したものであり、鰯肥などと同様の海産肥料として使われた。 Skin and bone and meat that was cooked and crushed stone mill and was used as fertilizer and fertilizer as well as marine sardine. 江戸時代から鯨油の絞り粕の再利用等として行われている。 Has been made and re-use as a meal of whale oil squeezed from the Edo period. ただし鯨油の採取後の絞りかす( 油かす )は食用にされることもあった。 However after the removal of a whale marc (residue oil) were also being eaten.

明治時代以降に近代捕鯨基地として使われた宮城県 牡鹿町鮎川浜(現石巻市 )などでは、鯨肥生産が地場産業として栄えていた[6] Oshika-cho, Miyagi Prefecture鮎川浜was used as a base for whaling modern or period Meiji (city of Ishinomaki present) and the local industry was flourishing as a whale fertilizer production [6].

食用習慣の無い多くの近代欧米諸国では、採油に向かない赤身の主要な用途であった。 Many Western countries without modern food habits is the major red meat was not suited for drilling applications. 同様に飼料用にも用いられたことがある。 That it was also used for animal feed as well. 特に毛皮用のミンクの飼料に多く用いられた。 Were used more for furs, especially mink feed. イギリスなどではペットフード用にも用いた。 And United Kingdom are using for food and pets.

特別な部位 Special sites

マッコウクジラ頭部のメロン体周囲の繊維束(千筋)は、テニスラケットのガットに用いられた。 Fibers around the body melon head of sperm whales (千筋) were used in the gut of tennis rackets. メロン体の皮膜は、 太平洋戦争中には皮革原料に使用された。 Mellon film of the body, during World War II has been used for leather materials. マッコウクジラの腸内生成物は竜涎香と称し、香料として珍重された。 Claiming the product in the intestines of sperm whales and ambergris, which is prized as a flavoring.

一部の部位は薬品類の原料にも用いる。 Some parts of the chemicals used for the ingredients. 肝臓からは肝油が採取される。 The liver is that cod liver oil is collected. 脳下垂体膵臓甲状腺などからはホルモン剤が生産されていた。 Pituitary gland and pancreas, from and thyroid had been produced hormones.

[ 編集 ] 海の牧場をつくる鯨 create a whale sea ranch

植物プランクトンが必要とする栄養塩は大陸棚に偏っており、特に暖流寒流がぶつかる場所や南極北極などには対流により深海の栄養塩が海面まで運ばれてくる。 Plankton nutrient needed by plants are concentrated in the continental shelf, the Arctic and Antarctic, and where warm and cold currents collide, especially come the nutrients are transported to the deep sea by convection. このような栄養塩が十分にあるところには植物プランクトンを一次生産者とする大きなバイオマスが形成される。 Where there is enough of these nutrients mass is formed with a large bio-primary production of phytoplankton. しかし、このような海域の面積は僅かであり、大半は栄養塩が少なく魚が住めない海の砂漠になっている。 However, the area of these areas are minor and most of the sea has become uninhabitable desert fish less nutrients.

鯨は消化がさほど良くないため、小魚やオキアミなどの餌を大量に食べ、水分の多い未消化の糞を大量に排泄する。 Whales less because of poor digestion, eating large amounts of food such as krill and small fish, excrete large amounts of undigested fecal juicy. これらの糞にはタンパク質脂肪が含まれるため、水より軽くプカプカと浮かんだまま広範囲に広がる性質を持つ。 These feces because it contains the fat and protein, with a wide spread nature of Pukapuka and lighter than water still came. 未消化の糞は動物プランクトンや小魚の餌となり、また糞は植物プランクトンに必要な栄養塩となって光合成を促進する。 Feces and undigested food is fish and plankton and small animals, manure is also to promote the photosynthesis of phytoplankton and nutrients needed. これは鯨が水平方向に栄養塩を運ぶ例だが、 マッコウクジラは垂直方向へも栄養塩を運ぶ。 It's a horizontal cases that carry nutrients to the whales, sperm whales also carries nutrients to the vertical direction. すなわち、深海に住む生物を餌にすることで、一旦沈んだ栄養塩を海面まで引き上げている。 In other words, to feed on the organisms living in the deep sea has sunk once raised to the surface nutrients. これにより、大陸から遠く離れた海域にもマッコウクジラが深海から栄養塩を供給することで海のオアシスができている可能性がある。 This could be the oasis in the sea to supply nutrients to the sperm whales from the deep waters far from the continent.

人間が鯨を商業捕鯨として大量殺戮する以前は、鯨の糞の量が年間数十億トン程度あったと推測され、これは人類が年間に生産する化学肥料にほぼ匹敵するかそれ以上の栄養塩を含んでいる。 Before killing large whales on commercial whaling as a human is estimated there are about 10 million tons per year the amount of whale dung, which is higher nutrient or almost equal to the chemical fertilizer production in human years contain. 特に糞に含まれるイオンは、僅かな量で海の砂漠に大量の植物プランクトンを発生させる効果があることが知られており、泳ぎながらあちこちに排泄することで、鯨は、現在の漁場よりもずっと広い面積に、自身が餌とした量よりも遙かに多いバイオマスを形成させ、大量の海洋生物を支えていたと考えられる。 Iron ions contained in the feces, especially is known to be effective to raise a large amount of phytoplankton in the sea in the desert a little amount, excreted by around while swimming, whale, rather than the current fisheries a much wider area, we formed a much more biomass than the amount of feed on itself, was considered a large amount of marine life support. なお、単純に鉄イオンだけを海洋に散布した場合も植物プランクトンを増やす効果を持つが、鯨と同列に議論すべきものではない。 The effect is that even if the scatter increase of phytoplankton in the ocean only a simple iron ions, which should be discussed in the same category with no whales. というのは、鯨の糞はさらに様々な栄養塩や栄養素を含んでいる、いわば有機肥料飼料だからである。 That is more people like whale droppings contain nutrients and nutrients and fertilizer, organic kind + is because feed.

鯨はこのように植物プランクトンの光合成を助け、動物プランクトンを増やし、そこに集まるイワシなどの稚魚に栄養豊富な餌を与えて生育を促しており、ここはいわば海の牧場である。 Whales of phytoplankton photosynthesis to help make this, increase the zooplankton, and promote the growth and nutrient-rich feeding on sardines and other fish gather there, here is a kind of sea ranch. この牧場によって小魚と鯨は共生関係を持つと考えられる。 The ranch is small fish and whales are considered to have a symbiotic relationship. 例えば、イワシなどは大群を作って行動するが、これはイワシを一網打尽に食べる鯨に都合の良い習性であることから、イワシはわざと鯨に食べてもらうことによって、上述したように総合的なバイオマスを増やし、結局はイワシ自身の数を増やすという戦略を取っていると見られる。 For example, such as sardines, but make a whole army to act, which is convenient because it is a good habit to eat in one fell swoop the sei whale, sei whale is eaten by someone on purpose, the overall biomass as described above increase the likely end up taking their own strategy to increase the number of sardines. このように考えると、イワシなどの小魚は陸地に近い大陸棚の豊富な栄養塩を鯨まで運ぶ一次運搬者であり、鯨はこれらの小魚の一部を食べて排泄することで栄養塩を広く分散させる二次運搬者といえる。 Given that this is a small fish like sardines to whales who carry the primary transport nutrient-rich continental shelf close to the land, the whale is a nutrient excretion by fish eat some of these to say with more widely distributed secondary haulage. このようにして、鯨のいる海域はイワシなどの小魚が必然的に豊富になる。 And in this way, the whale waters that will naturally abundant small fish such as sardines.

昔からペルー沖にいたイワシは非常に豊富で、大量に捕ってもほとんど減らないことが知られていたが、本格的に商業捕鯨が開始された時期を境にイワシが激減していった。 Sardines were abundant off the coast of Peru is a very long time, was known to have caught a lot of little comeback, a dramatic decrease in the sardine became the turning point was when commercial whaling began in earnest. これは、イワシの稚魚が大量にいたにも関わらず回復しないことから考えて、植物プランクトンのバイオマスが減った、すなわち鯨によるの栄養塩の分散が減ったためと推測される。 This is because we had not recovered despite a large number of sardine fry, phytoplankton biomass decreased, presumably because of reduced nutrient distribution of whales that is.世界における漁獲量の減少もその海域の鯨の減少とよく一致しており、日本で盛んにクジラ肉を缶詰にしていた頃、 ニシンサンマなどのバイオマスが日本近海から急速に消えていった。 [7]

今後、鯨を増やせば漁獲高が増えるかといえば、ある程度の頭数が揃わなければ効果は薄いと考えられる。なぜなら、わずかな鯨による栄養塩の分散では、発生するプランクトンが少な過ぎてイワシなどの小魚が引き寄せられないからである。しかし、世界的な流れとして商業捕鯨が反対されているため、鯨が増えてきているのは確かである。もし、以前のように鯨が回復すれば、大量の栄養塩が海洋に広く分散されることになり、これによって発生する植物プランクトンが巨大なバイオマスとなって、漁獲量が飛躍的に増加するだけでなく、現在問題となっている二酸化炭素の大幅な低減が期待できる。なぜなら、二酸化炭素を軽減させる効果は、多くの研究者に反対されている鉄イオンを人工的に海洋散布する方法とは異なり、鯨は過去がすでにそうであったため安全性に問題がないからである。人類の将来は鯨の回復にかかっているのかも知れない。

[ 編集 ] 鯨が食す餌の消費量

財団法人 日本鯨類研究所の計算によると、世界中の鯨が食する餌の消費量は魚、 イカなどの軟体動物オキアミなどの甲殻類を合わせると、2.8~5億トンとされている。これは、世界中の人間の魚の消費量9千万トンの3倍~6倍と計算される。保護されたために増えすぎた鯨によって海洋のバイオマス (生物資源)は減少しており、捕鯨は海洋生物資源の保全に繋がるという意見もある。クジラの消費するバイオマスの量については、捕鯨に賛成、反対のそれぞれの立場からの説明となってしまうことがある。

  • 試算には、捕鯨対象種以外の種を含んでおり、また捕鯨禁止という形で保護されているのは鯨類全80種余りの中のIWCで管理された13種に過ぎない。
  • 前述の通り、世界中の鯨が食べる餌は種類によって異なり、魚やイカの中には漁業と競合しないものや、プランクトンや深海凄のイカなどは、そもそも食用資源に向かないものもあり、純粋に競合しているのは二割程度である。

といった事実から、捕鯨がどの程度漁業資源保全の役に立つのか明確でない点が多い。

また、 南極で餌をとる南半球のヒゲクジラは主にナンキョクオキアミを主として消費するが、これは年間数千万トンの余剰資源がある[8]とされる。ほかにもマッコウクジラは主に深海の軟体動物を食べる。前述の通り80種近いクジラの生態及び食性は様々であり、餌生物も特定のものに限定される訳ではない為、人間の漁業と間接的にしか競合していない部分も大きい。

基本的に、クジラ目を二分するヒゲクジラ亜目の種類の殆どは1年のうち1/4は極地で採餌し、残りの3/4の期間は赤道付近で餌を食べずに繁殖を行なう為[9] 、意外に餌資源の消費は多くないとされる。

また鯨の大量の排泄物が他の海洋生物にとって有益である点もまた事実である。たとえば、鯨は海洋植物プランクトンの発育に不可欠な イオンの供給源である。

そもそも、保護されて鯨が増えるという前提であるが、保護される動物はすでに個体数が減少している場合が多く、減少していないにしても、 環境収容力という環境が生物を養う容量(環境容量)に達したら生物は増加も減少もしない定常状態になるとされる[10] 。例えば増加例として知られる北アメリカのコククジラは沿岸に生息するため人間の活動の影響を受けやすい事で環境収容力そのものが過去よりも減少していた為、保護による増加の後に餓死して、安定した数へ変わっており、その説を裏付けている。更に増加の件で引き合いに出される、南極のクロミンククジラの増加は捕鯨開始前がピークとされており、他の鯨の激減によるナンキョクオキアミの余剰分による環境収容力の変化に伴う増加が観測されている[11] 。更にそのピークの時期から解るとおり、保護と増加には関連が無く、この説の引き合いに出す事自体が誤りである。そして、他の多くの種類においてはそういった要因は確認されておらず、保護で増えすぎるという意見は科学的な見地に立っていないといえる。

なお食物連鎖の説明の際にクジラやイルカは「 生態ピラミッドの頂点」とされるが、クジラは生態系ピラミッドの下層(魚類やイカ類、プランクトンは比較的低い階層にある為)を食している[12]ため、ピラミッドの横に位置するという見方が適する。正確には頂点にいるのはアザラシなどを捕食するシャチのみである。

その他、 捕鯨問題#自然保護問題としてのクジラの鯨食害論も参照。

[ 編集 ] 脚注 Footnote

[ ヘルプ ] [Help]
  1. ^ザトウクジラの一部は赤道を越える。
  2. ^ イルカを含め鯨とした。
  3. ^ 「流れ鯨」、「寄り鯨」の意味については捕鯨を参照。
  4. ^ほかに漂着物や水死体などをも同様の信仰対象とした例がある。詳細はえびす参照。
  5. ^ Sei、 スズキ科の魚。イワシクジラの英名のSei Whaleもそれに起因する。なお、北欧の事例については後にはキリスト教と結びつけられて、神が漁獲の助けとしてクジラをもたらしてくれているとの説明が教会関係者によってされたこともあったようである。ある教会関係者は、漁民が争いごとを起すと、神の不興を招いてクジラが助けてくれなくなるとの説明をしているが、一般的理解であったかどうかは不明である。
  6. ^鮎川浜の場合、食用に適さないマッコウクジラが対象鯨種であったことなどから食用とされた鯨肉はごく一部であり、余剰鯨肉が生じていた。これらは当初は海洋投棄されていたが、周辺海面を汚染するとして地元漁民の反発を受けたこともあって工業資源化され成功したものである。
  7. ^漁獲量が激減した原因であるが、捕鯨が活発になった時期には海洋汚染が進んでいなかっため、海洋汚染が原因とは考えにくい。また、魚の取り過ぎ(による稚魚の減少)が原因とする見方も根強いが、現在では人工的に稚魚を大量に放流しても、餌を奪い合うことで総漁獲量がほとんど変わらない(サケの稚魚を大量に放流すると、他の魚が減る)ことが分かっており、これから稚魚の数と総漁獲量はほぼ無関係で、重要なのは餌の量(植物プランクトンの総量)であると考えた方が合理的である。
  8. ^ ナンキョクオキアミ#地理的分布の「南極圏の生態系における地位」及び「バイオマスおよび生産量」も参照。
  9. ^ ヒゲクジラ亜目#生態参照
  10. ^ 環境容量". EICネット- 環境用語集
  11. ^ミンククジラとクロミンククジラが別種である事は、捕鯨の際に確認されていたにも関わらず、意図的に混同して、資源に余裕があるかのような広報もみられる( ミンククジラ#本種に関する広報も参照)。
  12. ^ 生態ピラミッド#概論も参照。

[ 編集 ] 関連項目 See also

クジラの生態

クジラの遺骸

鯨の利用

捕鯨 Whaling


ビデオジャパンは、最大でランク。




© Lullar