Lullar    


ビデオジャパンは、最大でランク。

火葬場 Crematorium

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Source: material may be challenged Wikipedia encyclopedia (Wikipedia) 』

火葬場。 Crematorium.
上:三重県の古い火葬場。 Above: the old crematorium in Mie Prefecture. 右の煉瓦造りのものが火葬炉。 Brick incinerator something right.
下:新鋭の東京臨海斎場。 Bottom: advanced funeral hall in Tokyo waterfront.

火葬場 (かそうば、crematory)とは、 遺体火葬するための施設 Crematorium (if crematorium, crematory) is a facility in order to cremate the body. 本稿では主として日本の火葬場について記す。 This paper focused on describing other place primarily cremated in Japan.

目次 Contents

[ 編集 ] 歴史 History

[ 編集 ] 古代 Ancient

火葬は、日本では宗教的要請から発生した。 Cremated in Japan arising from religious imperatives. 当初は恒久的な「火葬場」は設けられず、その都度火葬炉が仮設されて火葬が行われたり、人里離れた野原で行われたりしていた(「野焼き」という)。 Originally permanent "crematory" is unable to set up, or on a temporary cremation is a cremation furnace each time, had been made in the field or off the beaten track ( "burning" it). 野焼きは、地域によっては昭和後期まで続けられていた。 Burning in some areas were continued until the late Showa.

[ 編集 ] 中世 Middle Ages

近現代になってからは墓地などに恒久的な炉が併設され、そこで火葬が行われることが増えてきた。 Is from the modern is adjacent to the reactor as a permanent cemetery, has increased so there will be cremated.

火葬場は「焼き場」「火屋」「三昧」「 荼毘場」と呼ばれた。 Crematorium "焼Ki場" "火屋" "Zanmai" "place cremation" was called. 都市の形成に伴って数を増やしていったが、京都では秀吉廟の建造の際に鳥辺野の火葬場の臭気が疎まれて移転させられたり、江戸では4代将軍徳川家綱上野 寛永寺参詣時に臭気が及んだことから小塚原刑場付近に統合されるなどした結果、徐々に郊外で大規模化していった(現在の東京博善町屋斎場は、立地にその名残を留めている)。 The increase went along with the formation of several cities in Kyoto and was forced to transfer to the wrong side of the field odor side crematorium during Birds Hideyoshi built the temple in Edo 4 Kanei Ueno of Ietsuna Tokugawa army brigadier results will be integrated into and around the penal Hara Kozuka from the odor that lasted during the pilgrimage to the temple, and then gradually increasing scale in the suburbs (Matiya Funeral Hall in Tokyo, Hiroshi good now, that bear no trace of the location) . また、寺院が経営するものも多かった。 The others were run by the temple.

[ 編集 ] 近現代 Modern

近代に至るまで、日本の葬送儀礼として火葬は決して主流ではなかった。 Until the modern cremation as a funeral rite was never mainstream in Japan. しかし遺骨がコンパクトにまとまり持ち運びが可能になる・土葬のように数年単位で墓地の面倒を見る必要がない・墓地の土地面積が節約できるなどのメリットが徐々に浸透し、徐々に火葬が普及していった。 Saving benefits, such as gradual land area of the cemetery there is no need to look at the care of the cemetery as a burial a few years in the unit will be cohesive and compact to carry and spread the ashes but the people gradually spread to the cremation went to. 高度経済成長期以降の人口の都市集中なども火葬の追い風となり、それ以降では火葬が主流になったといっても良い。 Will spur the population concentration in cities such as cremation and subsequent high economic growth period, since it is good just because the mainstream was cremated.

火葬の普及に伴い、墓地とは無関係に、独立した火葬専門の施設が設置されることが多くなっている。 Increasing popularity of cremation, and cemetery, regardless of the lot is being cremated established independent specialist facilities.

それらの火葬場は、主に各市町村の清掃・衛生関連部署による運営や、複数の市町村が一箇所に集約して使われる行政組合による運営のものが多いが、一部民営・業務委託・半官半民(PFI)といった形態で設置・運営しているものもある。 These crematorium, or cleaning of the municipal sanitation department operated by each of the main Union run by the government tend to be used to aggregate multiple municipalities in one place, some semi-private outsourcing semi-government People (PFI), which operates some form, such as installation. 米国のサービスコーポレーションインターナショナルのような大規模な葬儀会社の一部門として組み込まれている場合もある。 Also if the company is incorporated as a division of a large funeral, such as Service Corporation International, the United States. また東京では、他地域の公営火葬場主流に対して、東京博善( 廣済堂グループ )という民間企業が大半の火葬を行っているという特徴がある。 Also in Tokyo, for the mainstream public crematorium in other regions, good, Hiroshi, Tokyo (Group Kosaido) features that have been cremated in a private company called majority.

[ 編集 ] 構造 Structure

台車式火葬炉(土居斎苑愛媛県 四国中央市 Trolley type incinerator (Central City, Shikoku Prefecture Ehime Doi Hitoshi Garden)
建物は既存のままで、再燃炉付きの火葬炉に更新した火葬場の例 Remains in an existing building, an example of a crematory incinerator with an updated flare reactors
骨上げの様子(土居斎苑 愛媛県四国中央市) State of increasing bone (Garden City, Ehime Prefecture, Shikoku Central Doi Hitoshi)

[ 編集 ] 概要 Summary

初期のものは「三昧(さんまい)」と呼ばれる木材や藁を燃料とした簡易な火葬炉があるだけ、あるいは集落の集会場と火葬炉といった素朴・単純なものだった。 That the initial "Zanmai (comedy)" there is only a simple cremation furnace was fueled by wood and straw, called the incinerator and was simple and rustic or community gathering place.

近年建設された建物については、火葬炉と炉前ホールの他に、最後の別れをする告別室と骨上げを行う収骨室が備えられていることが多い。 For buildings constructed in recent years, in addition to the incinerator and furnace front hall, many rooms that are equipped with bone yield make up the bone to separate rooms and the last farewell. 一部の大規模な火葬場は通夜葬儀が行えるように式場と親族控室、遺体冷蔵用の霊安室を併設しており、売店や骨上げまでの待合室として喫茶室などが設けられている総合斎場もある。 Some large crematorium waiting room for relatives and the ceremony to allow the funeral wake, and adjacent to the mortuary cold storage for dead bodies, funeral hall has been set up comprehensive and up to the tea room as a waiting room and bone shop there.

[ 編集 ] 火葬炉の構造 Structure of incinerator

火葬炉は、おおまかには「台車式」と「ロストル式」の2種類に分けることができる。 Incinerator is roughly the "carriage style" and "Rosutoru expression" can be divided into two types.

台車式は、鉄などによって作られた台車の上に、 五徳などを挟んでを置き、台車ごと火葬炉に入れて焼く方法である。 Formula truck is made by truck and on the iron, placed in the coffin across the trivet, etc., into the incinerator to burn each truck. 遺体は、開始直後は棺の下側からもバーナーの炎にさらされるが、棺が燃え尽きた後は上面からしか炎が当たらなくなるため、時間がかかる。 Body is exposed to flame, but the start of the burner from the bottom of the coffin, the coffin was later burned because the fire only from the top当Taranaku, time-consuming. しかしながら、骨はあまり落差のない台車上に落ちるためにばらばらに散乱することがなく、きれいに残るという特徴がある。 However, no bone pieces to be scattered on the truck to fall into the gap there too, there are features that remain clean.

ロストル式は、炉内に渡した数本の鉄棒で作られた格子の上に棺を載せて焼くという方法である(「ロストル」は、調理器具などの「ロースター」と同じ意味)。 Rosutoru expression is a way to put the coffin on top of the grill grid made of several pieces of iron rod passed into the furnace ( "Rosutoru", such as cooking, "World" the same meaning). そのため、炎はずっと遺体の下にも回り、速やかに火葬を行うことができる。 Therefore, even under fire around the body much can be done quickly cremated. しかしながら、骨は格子から落差のある骨受け上に落ちるため、多くの場合位置関係はばらばらになる。 However, under the bone on bone so that the gap falls from the grid, the position often fall apart.

いずれも一長一短があり、火葬場の判断によって選択される。 There are both advantages and disadvantages will be selected by the decision of the crematorium.

火葬後には骨が残される。 The bones are left after cremation. 骨上げでは、西日本は主要な骨のみを骨壺に収めるため、拾骨されなかったものは後に残される。 Bone up on the West to win the pot is bone only major bones, which is not left behind拾bone. 東日本では基本的にすべての骨を収めるが、多少の残灰が残される場合がある。 The East, but essentially all the bones fit, which may be left with some residual ash. 骨壺に入れられなかった残骨灰は専門の業者が回収し、 コバルトステンレスチタンなど希少金属の選別などを経て合葬される。 Bone meal into the pot residue was not recovered by the company bone specialist, is the burial and after such sort of metal cobalt rare stainless steel and titanium.

[ 編集 ] 近年における火葬場の変遷 History of cremation in recent

一時期は高い煙突が火葬場の象徴ともなっていたが、技術的には燃料の石油化、ガス化や火葬炉排気の再燃焼処理の普及、社会的には火葬場がそばにあるということへの近隣住民の拒否感などにより、近年設置される火葬場において煙突が見られることはほとんどない。 At one point, that was to become a symbol of the crematorium chimney is high, technically of fuel oil, the spread of the combustion process and re-gasification incinerator exhaust, socially that is located next to the crematorium repulsion by nearby residents and, in the crematorium chimney can be seen that there is little established in recent years. また1970年代後半から、再燃炉の開発により、臭気除去や無煙化が図られた。 And from 1970 to the late development of the nuclear revival, and efforts were made to remove odor of smoke-free.

燃料は長らくであったが、 A重油白灯油 、特に近年は都市ガスLPガスが増加しつつある。 Although fuel wood was long, A heavy oil, kerosene, white, especially in recent years gas city LP gas on the rise. 過去には稀に電気という施設もあった。 In the past there was even more rare that the electricity.

火葬場の改築・移転には当該地域の住民による反対運動が起こりやすい。 Renovation of the crematorium in the transfer likely opposition by local residents concerned. そこでいくつかの自治体が集まって広域行政組合を設立し、広域斎場を設けることで、そのリスクを低減することを図る傾向がある。 Metropolitan Government established a union gathering where some local governments, to establish a wide-area funeral hall, they tend to promote risk reduction. 同様の事情から、住宅地から離れた場所に立地しようとするのが一般的だが、日本の住宅事情を考慮すると、必ずしもそのような場所に作れるとは限らない。 From a similar situation, but trying to generally located away from residential areas, and to consider housing conditions in Japan, and to make that place necessarily the case. そのため都市部のような場所においては、周辺を森で囲む・ぱっと見ただけでは火葬場とはわからない外観など、周辺地域に配慮した立地となっている。 In urban places such as so, only to glance around in the woods and look around and do not know crematorium, which is located in friendly surroundings. 霊柩車についても、宮型のものは自粛を要請したり禁止したりする場合がある。 Also about the hearse, the Palace of the type which may be prohibited or to refrain from asking for. また、名称も「~斎場」「~聖苑」などが多く、「~火葬場」とする施設は激減している(もっとも、「××斎場」を名乗る火葬場でも、式場を併設する場合はこちらを「斎場棟」と呼ぶことが多い)。 Also, the name "- funeral hall" "~ Garden St." and more "- crematorium facilities" and has plummeted (although, "× × funeral hall," also claimed the crematorium, if you are adjacent to the wedding hall here "funeral hall building" is often called). 旧式の火葬場は、改装・移転にともなって、急速に姿を消しつつある。 Old crematorium, the relocation As the overall refurbishment, and rapidly disappearing.

[ 編集 ] 火葬から収骨まで bone recovered from the cremation

日本では、火葬後に骨上げを行い骨壷に収めるという流れになっているため、炉前で遺体を見送り、火葬後に拾骨するというところまでがセットになっている。 In Japan, because that is the trend and achieve an increase in bone after cremation urns, see off the oven before the body, which is set to the point of the bones after cremation拾. また、骨上げをする関係から骨をきれいに残すことが重視されるため、火葬技術者には独特の高度な技術が求められている。 Also, because it is important to leave to clean up the bone in relation to the bone, the cremation technician has a unique advanced technology is required.

[ 編集 ] 火葬による環境破壊 Cremation environmental damage

近年、火葬による環境破壊の問題が急浮上するようになった。 In recent years, now suddenly emerging problem of environmental destruction by cremation.

厚生労働省による研究費補助の対象となった調査で、棺を乗せるステンレス台が長く高温に晒されることにより、焼却灰中に六価クロムなどの有害な物質が発生することが明らかとなった( 読売新聞 2009年1月19日報道)。 The survey was covered by the Ministry of Health research grant, by a single long exposure to high temperatures put a stainless steel coffin, was found to cause a harmful substance such as hexavalent chromium in the ash ( The Yomiuri Shimbun reported on 2009 January 19). 調査にあたった研究者は、有害物質を出さない材質のものに変えるなどの措置をとる必要があるとしている。 Avery Research survey, and that such measures need to be a material change to stay out harmful substances.

またこれとは別に、 ダイオキシン発生を抑止する観点から、多くの火葬場において、副葬品の内容に制限を加えている。 Apart from this and also, from the perspective of deterrence to dioxin in the crematory, as many restrictions in addition to the contents of the burial.

[ 編集 ] 海外の火葬場 overseas crematorium

This section in the middle of writing この節は執筆中です。 This section is being written. 加筆、訂正して下さる協力者を求めています Categories, and by seeking to correct下Saru cooperation.

[ 編集 ] インド India

インドでは主流の宗教・ヒンドゥー教の習慣に基づき、火葬が行われることが多い。 In India is based on the Christian practice of Hindu religion in the mainstream, often on cremation. インドにおける火葬場は、野外に設けられており、薪を積み上げてその上に遺体を置いて点火するという様式である(いわゆる「野焼き」)。 Crematorium in India, has been established in the field, the style that put the body on fire to build up their wood (so-called "burning"). 近年では、燃料としての木材伐採が環境破壊につながるとして深刻な問題となっており、また薪が高騰していることもあって、日本の技術を使った「近代的な」火葬炉も設置されている。 In recent years, has become a serious problem and lead to environmental destruction as a lumberjack as a fuel, there are also soaring wood also using the technology in Japan "modern" cremation furnace was also installed that. しかしながら、古来からの伝統的野焼きにこだわる人がまだまだ多く、野焼きが続けられている。 However, many people still insist on open burning from the ancient tradition that has been burning continuously.

[ 編集 ] ネパール Nepal

パシュパテイナート火葬場での着火の瞬間 Crematorium at the moment of ignition Pashupateinato

ネパールはインド同様のヒンドゥー教主流の国であり、 首都カトマンズにはパシュパティナート (Pashupatinath)というインド亜大陸4大シヴァ寺院のひとつに数えられるネパール最大のヒンドゥー寺院があり、その裏側にはガンジス川の支流でもあるパグマティ川が流れており、河原のガートでは一日中火葬の煙が絶えることはない。 Nepal is a Hindu-majority country like India, the Kathmandu, the capital, Pashupatinath (Pashupatinath) in the subcontinent of India that has four temples in Nepal's biggest Hindu temple to be one of the great Shiva, the other side in which the river flows Pagumati, who is also a tributary of the Ganges, the Ghats cut off from the riverbed can not smoke the day cremation. カトマンズの朝霧は、火葬場のといわれるほどである。 Kathmandu morning mist is smoke is known to be cremated. 上流階級の者ほど上流側のガートで焼かれる。 Enough upstream to be burned in Ghat by the upper classes. 輪廻転生を信じるヒンドゥー教徒はは作らない。 Muslims Hindus believe in reincarnation the grave is not making. 焼かれた灰は箒とバケツの水でパグマティ川に無造作に流される。 Burned to ashes are swept into the river without difficulty Pagumati broom and a bucket of water. また、火葬の際には、親族の男性は火葬の傍らで髪を剃る習慣がある。 Addition, during the cremation, the male relatives are in the habit of shaving the hair on the side of the cremation. 河原では、火葬台の脇で人々が沐浴をしたり少年が遺体から流された供物を盗もうとして咎められたりする光景が始終見られる。 Riverbeds, people on the side of cremation units all the time we have seen a scene or steal the offerings were blamed as the boy was swept away from the body or to the bath. 寺院自体はヒンドゥー教徒以外は立ち入れないが、火葬場は有料ながら誰でも見学できる。 The temple itself is non-Hindus立Chi入Renai, but anyone can visit the crematory fee.

[ 編集 ] 欧米 Europe

欧米では、火葬場に遺体を預け、後日遺骨を受け取るという流れが多い。 In the West, keeping the body cremated, the ashes at a later date to receive a large flow. また、骨上げという習慣がなく、火葬後の骨は顆粒状に粉砕してさまざまな形をした遺骨入れに収めて引き渡すため、日本と比べると比較的高温で焼くことが多い。 The practice of not increasing the bone, the bone of the hand after putting it into a place for cremated remains in the shape of the grinding various granular and often burn at relatively high temperature compared with Japan. 骨壷の形も、顆粒状の骨を入れられればいいため形にはあまり制約がなく、故人の趣味などに合わせた多様なものが準備されている。 The shape of the urn, for good if they put in the form of granular bone without much restrictions, which has been prepared and tailored to various interests of the deceased. 近年は日本にも、欧米流の遺骨を顆粒状に粉砕する装置を備えた火葬場も登場してきている。 Even in Japan in recent years, appeared to have been cremated with a device to crush the remains of granular flow in the West.

[ 編集 ] 韓国 Korea

韓国では、土葬が主流だったが、近年火葬が増加してきており、2004~2005年にかけて火葬件数が土葬件数を上回るようになった[1] In Korea, this was a mainstream burial, cremation has been increasing in recent years 2004-2005 the number now exceeds the number of cremation burial during the year [1]. そもそも、 儒教国である韓国では伝統的に火葬は先祖に対する不孝であり禁忌とされていたものの、現代、特にソウル 都市圏においての墓地逼迫は社会問題化し、ソウルは元より他の大都市圏においても火葬は一般化しつつある。 First of all, in Korea is a Confucian country, but traditionally cremation was the contraindication for ancestors is a bad son, modern, tight Cemetery of The Greater City of Seoul is a social issue, in the Seoul metropolitan area other than the original Cremation is also becoming more common. しかし、2007年段階で火葬場は韓国全土で47ヶ所・220炉程度に過ぎず、火葬場不足が深刻となっている。 However, in the year 2007 crematorium stage 47 locations throughout South Korea only a 220 degree oven has become a serious shortage of crematoriums. また、過去に土葬された遺体を改めて火葬するという事例も増えているが、改葬遺骨の火葬についてドラム缶などを使った違法な火葬が跋扈し社会問題となっている。 In addition, a growing number of cases that the body was cremated burial again in the past, has become a social problem and跋扈and drums with the illegal cremation of the remains for cremation burial.

[ 編集 ] 火葬場の色々 The color of each crematorium

[ 編集 ] 関連項目 See also

[ 編集 ] 脚注 Footnote

  1. ^ 朝鮮日報記事 ^ Chosun Ilbo article

[ 編集 ] 参考文献 References

[ 編集 ] 外部リンク External links


ビデオジャパンは、最大でランク。




© Lullar