Lullar    


ビデオジャパンは、最大でランク。

集団就職 Mass employment

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Source: material may be challenged Wikipedia encyclopedia (Wikipedia) 』

集団就職 (しゅうだんしゅうしょく)とは就職活動を集団で行うこと。 Mass employment (Yuudanshuushoku you) is that in a group for a job. 特に、日本の高度経済成長期に盛んに行われた、 農村から都市部への大規模な就職運動のことをさす場合が多い。 In particular, during the active growth period of Japanese economic growth, many cases of motion refers to a large-scale employment from rural to urban areas.

第二次世界大戦前にも、 高等小学校を卒業した人が集団就職する例もあったが、本稿では1960年代を中心とした高度経済成長期の集団就職について詳述する。 Even before World War II Great World War II, there are also cases of mass employment to people who graduated from high school, the paper 1960 to elaborate about the mass employment of high economic growth with a focus on age.

目次 Contents

[ 編集 ] 集団就職列車 Train mass employment

典型的な集団就職として、 農家の次男以降の子が、 中学校高校を卒業した直後に、都市部の工場などに就職するために、 臨時列車に乗って旅立つ集団就職列車が有名である。 Collective employment as a classic, the child or the son of farmers, after graduating from high school and middle school, in order to work at factories and urban mass employment is famous train journey aboard the special train. 集団就職列車は1954年 (昭和29年)4月5日15時33分青森発上野行き臨時夜行列車から運行開始され、 1975年 (昭和50年)に運行終了されるまでの21年間に渡って就職者を送り続けた。 Collective employment train 1954 (1954) April 5 15:33 began operating from the overnight train bound for Ueno extraordinary development Aomori minutes, 1975 (1975) until the end of the operation over 21 years Send continued employment. 就職先は東京が多く、中でも上野駅のホームに降りる場合が多かったため、当時よく歌われた井沢八郎の『 あゝ上野駅 』という歌がその情景を表しているとして有名である。 Many employers in Tokyo, because many cases go down to the home of Ueno Station in particular, often sung in Izawa Hatiroo time 『Ueno Station』 Aa has a reputation as a song that represents the scene.

[ 編集 ] 集団就職者の生活環境 the living environment of collective employment

こういった若年の労働者は、将来性が高いという意味と、安い給料で雇えるという意味から金の卵と呼ばれてもてはやされた。 These young workers, and a high sense of the future, which is touted as means to hire from the golden eggs for less. 就職希望者数に比べて求人数が著しく多くなった時期には、更に貴重であるとして月の石と呼ばれたこともあった。 At a time when the number of jobs significantly more than the number of job seekers was also called the stone of the month as more valuable. 場合によっては、 使用者側が新卒中学生を一軒一軒尋ねて募集するなどの動きも見られた。 In some cases, were also seen as moving from door to door asking to recruit a junior high school graduates to the employer.

職種としては単純労働( ブルーカラー )が主体であったため、雇用条件や作業環境もかなり厳しく、離職者も多かった。 As jobs are unskilled (blue collar) were subject to, and employment conditions and work environment is also pretty hard, there were many displaced workers. 各種の理由から勤続後の独立開業が困難であったため、戦前のいわゆる丁稚よりも厳しい環境だったとも言われる。 Private practice was difficult because of various reasons after the service period, which said it was also so-called hostile environment than before the war丁稚. 若くしてふるさとから遠く離れ、孤独感や郷愁にかられることの多かったであろう地方出身者たちは、同様の境遇に置かれた者同士の交流を切望し、「若い根っこの会」に代表される各種のサークル活動が見られた。 Away from home at a young age, who were born in that region would feel a pang of homesickness and loneliness, the interchange among people eager to put in a similar situation, "Association of young roots" is represented Ru were observed in various group activities. 中には共産党民青の活動に熱心に参加するもの、あるいは創価学会などの新興宗教に入信するものもあり、一般に、彼らの共同体帰属願望は極めて強いものであった。 Some of those participating in the hard民青activities of the Communist Party, has also to religion to religion emerging, such as Soka Gakkai, or, in general, their desire to belong communities were very strong. また、政党・宗教側も構成員の供給源として彼らに対するオルグ活動に熱心であり、例えば民青においては「歌って踊って恋をして」などのキャッチフレーズの元、パーティーやハイキングなどを盛んに行っていた。 The parties are committed to the religion as a source of their organizing activity for the members, for example, in 民青 "love dancing and singing" original catch phrase such as hiking and going to parties and encourage was.

[ 編集 ] 集団就職の影響 Influence of mass employment

都市部の人口の増加と、それに伴って各種の影響があった。 And urban population growth was accompanied by various effects to it. 都会で爆発した若者文化は、大量の若年層の人口流入によるところが大きいという人もいる。 Youth culture exploded in the city, some people who are largely due to the large influx of young people in the population. また、就職者の待遇の悪さや学歴の低さから、その子弟の教育水準の低下が起き、 学校関係に影響を及ぼしたという人もいる。 In addition, low education and poor treatment of employment, causing a decrease in the level of education the children are also people who influenced the school officials.

ただ、安い労働力を大量に供給する集団就職によって日本の高度経済成長が支えられたと言えよう。 However,言Eyou and supported by Japan's high economic growth in the employment group to supply a large amount of cheap labor. また、1967年の美濃部亮吉都知事誕生を皮切りに1970年代後半まで大都市を中心に見られた革新自治の支持基盤になったとも言われている。 Also, in 1967 starting with the birth of the 1970 Governor Minobe Ryoukiti are said to be self-innovation support base was mainly seen in the city until late.

[ 編集 ] 関連項目 See also



ビデオジャパンは、最大でランク。




© Lullar